KASAOKAみなとピアノお披露目会  笠岡諸島交流センター

2020/11/21 土曜日 動画


動画を拡大して見る
 笠岡諸島交流センターに誰でも利用できるストリートピアノが設置され、20日にお披露目会が開かれました。


 お披露目会は笠岡諸島交流センターの多目的スペースで開かれ、市職員やまや保育園の園児などおよそ30人が参加しました。

 はじめに小林市長が「ストリートピアノを設置しました。自由にピアノに触れてください」と挨拶しました。

 お披露目されたのは、大島東小学校で昭和55年から廃校になるまでの37年間使われていたアコースティックピアノです。

 笠岡市では、このピアノを「KASAOKAみなとピアノ」と名付けストリートピアノとして、年間19万人の利用者が訪れる笠岡諸島交流センターに今月13日に設置しました。

 会では園児たちが、みなとピアノの伴奏に合わせて「我は海の子」と「野に咲く花のように」を披露しました。

 園児たちは練習してきたピアニカの演奏を織り交ぜながら、楽しそうに歌声を響かせていました。

 このあと代表園児2人が、みなとピアノを弾き、美しい音色を楽しんでいました。

 笠岡市によると船着き場のストリートピアノの設置は県内では初ということです。

 なおKASAOKAみなとピアノは誰でも利用できるということです。

                松澤一生



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
月刊手話ニュース
大学受験奮闘記
Car情報最前線(再)
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問