とんど祭り    金光小学校

2020/01/14 火曜日 動画


動画を拡大して見る
 浅口市の金光小学校で12日、1年の無病息災を願うとんど祭りが行なわれました。


 金光小学校で行われたとんど祭りには、金光小学校の児童や地域住民などおよそ300人が参加しました。

 児童や地域住民が家から持ち寄った、正月のお飾りや書き初めは、運動場に設置されたやぐらに入れられました。

 とんど祭りの前には、米作り感謝セレモニーがあり、金光小学校で平成30年度まで行われていた米作り体験に協力してきた鍋谷恒久さん茂子さん夫妻と、山下一さん、定金道廣さんに感謝の言葉とともに花束が贈られました。

 この後、児童の代表が運動場に設置されたやぐらに火をつけました。

 参加した児童や地域住民は勢いよく燃え上がる様子を見つめ、手を合わせて今年の健康と家内安全を祈っていました。

 正月に飾ったお飾りや書き初めなどを燃やす「とんど」は小正月の伝統行事で、燃やした書き初めが天高く舞い上がれば字が上達するといわれています。

 金光小学校のPTAでは、日本の伝統行事を子ども達に継承していこうと、毎年この時期に「とんど祭り」を行っています。

 この後、鍋谷さんが提供したもち米を使って餅つきも行なわれ、児童は正月の伝統行事を楽しみました。

 児童はつきあがった餅を丸めると、早速頬張って笑顔を見せていました。

 またこの日は、PTAによって豚汁も用意され児童は冷えた体を温めていました。

              河部隆行



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
釣りしませんか?
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問