笠岡市成人式    新成人325人が参加

2020/01/14 火曜日 動画


動画を拡大して見る
 笠岡市で12日、成人式が行われました。


 笠岡市の成人式は、笠岡市民会館で開かれ華やかな着物やスーツなどで身を包んだ新成人が、晴れやかな笑顔で集まりました。

 今年新成人となったのは平成11年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた430人で、この内325人が式に出席しました。

 式では、小林嘉文市長が、去年笠岡湾干拓地で操業を開始した野菜工場で育てられたパプリカが国内でも有数の収穫量となった事を紹介し、笠岡市で就職しふるさとで暮らしてもらいたいと呼びかけました。

 続いて、岡田達也教育長が新成人の原田麻衣さんに記念品の袱紗を贈りました。

 このあと、新成人代表の枝木侑奈さんが謝辞として決意を述べました。

 枝木さんは「今日は私たちが大人として社会に出る門出でもあります。私たちの中には既に働いている人、学業を継続している人がいます。歩む道はそれぞれですがこれからは社会の一員として恥じぬよう責任ある行動をとると共に社会に貢献していきます」と話していました。
 
 式の後、会場では記念の行事が行われ、出身中学校の恩師からのビデオメッセージが流され、新成人は懐かしい声を聞きながら思い出を振り返っていました。

 新成人は「目標は常識のある大人になることですね」「自立したいです」「大阪で服飾の専門学校に通ってます。世界レベルのデザイナーを目指します」「まっすぐな人間になりたいです」「医学療法の勉強をしてるので医学療法士になれるようにがんばります」「元気に二十歳らしくがんばっていきます」「人前に立てる良い大人になりたいと思います」と話していました。
 
 なお、笠岡放送では2月1日に、エリア内2市1町の成人式をまとめた番組を11chで放送する予定です。

                清板大倫



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
釣りしませんか?
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問