夏祭り      ドルフィン笠岡

2019/08/13 火曜日 動画


動画を拡大して見る

 笠岡市の福祉施設「ドルフィン笠岡」で、9日に夏祭りが開かれ、利用者がゲームをしたり踊りを観賞したりして楽しみました。


 夏祭りは、笠岡市入江にある介護付き有料老人ホーム「ドルフィン笠岡」で開かれ、施設利用者22人が参加しました。

 会場には、ボーリングや輪投げなど4つのゲームコーナーが設けられ、利用者はコーナーを一つ一つ回ってゲームを楽しみました。

 このうち、ストラックアウトのコーナーは3人1組での挑戦で、利用者はしっかりパネルを狙ってボールを投げ、パネルが落ちると拍手が送られました。

 この日は、笠岡東中学校と笠岡高校、岡山龍谷高校の生徒5人がボランティアで参加し、利用者にゲームの説明をしたり、ボールや輪を渡したりして祭りの進行を手伝っていました。

 ドルフィン笠岡では、利用者に楽しんでもらおうと、季節に合わせたイベントや近隣の幼稚園や保育園の園児との交流会などを毎月開いています。

 ゲームが終わると、職員やボランティアの生徒が、「マツケンサンバ」と「炭坑節」を披露しました。

 炭坑節では、利用者も曲に合わせて体を左右に振ったり手拍子を打ったりして踊りに参加し、楽しい時間を過ごしていました。
               田中祐次



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
千里のRAINBOW放送室
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問