端午の節句展            かもがた町家公園

2019/04/15 月曜日 動画


動画を拡大して見る
 浅口市のかもがた町家公園では14日から、企画展「端午の節句」が開催されています。


 端午の節句展は、かもがた町家公園の伝承館で開かれており、兜飾りや鎧飾りなどの五月人形7体と、張り子の虎20体が展示されています。

 県の重要文化財に指定されている旧高戸家住宅の江戸の趣を感じる雰囲気の中、兜飾りや鎧飾りは勇ましさを放ち、来場者を出迎えています。

 端午の節句展で、展示されている五月人形は、家庭でその役目を終え、住民から寄贈されたものです。

 かもがた町家公園では、日本の伝統行事を来園者に楽しんでもらうとともに、地域の子ども達の健やかな成長を願い、毎年この時期に端午の節句展を開催しています。

 また、公園内の芝生広場上空には、吹き流しと17匹のこいのぼりも設置されています。

 大室園長は
「6月2日までやっています。ぜひお越し下さい」と話していました。

 五月人形とこいのぼりは、6月2日(日)まで楽しむことができます。

 なお五月人形や張り子の虎を鑑賞する場合には、伝承館の入館料が必要です。

    河部隆行



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
私のまちの元気印
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ