里庄町消防団 入退団式 入団13人・退団10人

2019/04/15 月曜日 動画


動画を拡大して見る
 里庄町で14日、消防団の入退団式が行われ、新入団員13人に辞令が交付されました。


 里庄町消防団入退団式は、里庄総合文化ホールで行われ、新入団員13人をはじめ、退団者や現役団員幹部ら、合わせておよそ120人が出席しました。

 式ではまず加藤町長が「自分たちの地域は自分たちで守るという先輩方の思いを受け継ぎ、消防技術や知識を身につけ、災害現場で的確な活動が出来る消防団員となるように期待しています」と式辞を述べました。

 続いて、北野光徳団長が「消防団員全員が一丸となって、責任感を持って災害ゼロの町を目指して活動していきましょう」と訓辞を述べました。

 また、退団者10人を代表して、42年間、消防団活動に尽力した前団長の大内哲夫さんに、消防庁長官からの賞状や加藤町長からの感謝状を贈り、長年に渡る功績を称えました。

 このあと、新入団員全員の名前が呼ばれ、代表して西口真平さんに、北野団長が辞令と消防団のアポロキャップを手渡し、式を締めくくりました。

 里庄町消防団 西口真平さんは
「今後は気を引き締めて里庄町民のために全力で活動に取り組んでいきたい」と話していました。
 
 式の後には、新入団員と若手団員を対象とした研修会が、里庄中学校の運動場と福祉会館を会場に開かれました。

 講師は、笠岡地区消防組合の職員が務め、
新入団員は真新しい制服に身を包み、礼式などの基本を熱心に学んでいました。

 里庄町消防団の団員数は新入団員13人を含め264人(定員268)となります。

               石井元祐



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
私のまちの元気印
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ