笠工テクノ工房贈呈式 笠岡工業高校

2019/02/10 日曜日 動画


動画を拡大して見る
 笠岡工業高校の生徒が8日、神島保育所のうさぎ小屋に自作した脱走防止用の扉を設置しました。


 この日神島保育所には、笠岡工業高校環境土木課の小坂大介さんと立神雅弥さん、中島侑哉さんが訪れ、うさぎ小屋の脱走防止用の扉の設置作業にあたりました。

 今回生徒が自作したうさぎ小屋の脱走防止用の扉には、園児が足を挟んでも怪我をしないようにゴムが取り付けられており、安全面にも配慮しています。

 設置が終わると、生徒が脱走防止用の扉の使い方を園児に説明しました。

 園児は新しく設置された扉に興味深々の様子で、嬉しそうに開けたり閉めたりしていました。

 笠岡工業高校の生徒は、園児が順番に扉を使うのを見て、笑顔を浮かべていました。

「笠工テクノ工房」は、近隣の保育所や幼稚園、小学校などの依頼を受け、施設に必要な教具を自作して寄贈する取り組みで、生徒の持つ知識や技術を地域貢献に役立てようと笠岡工業高校が平成29年度から実施しているものです。

 今回は神島保育所から「うさぎ小屋に園児が出入りする時に、うさぎが逃げないようにしてほしい」との依頼を受け、脱走防止用の扉を製作しました。

 小坂大介さんは「みんなで楽しく作れてよかったです。現場の大きさがわからなかったのでアポイントメントして現場の大きさを確認したんですが実際に作るときにアイデアを出し合ったのが難しかったです。園児たちには事扉を上手く活用して、うさぎと触れ合ってほしいです。」

 立神雅弥さんは「横の壁に穴を開けることで園児たちがのぞけるようにしたのと、安全のためにドアの下にゴムを付けて足を挟んでも危なくないようにしたりドアの蝶番のところに緑のテープを張りました。あと、板を全部白く塗って園児がお絵かき出来るようにしました。」と話していました。

 園児たちは、設置された扉に好きなキャラクターや可愛らしい動物の絵を描いて嬉しそうな笑顔を見せていました。

         兼井翼



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ