一般質問・議案質疑等  浅口市議会12月定例会

2018/12/06 木曜日 動画


動画を拡大して見る
 浅口市議会は5日に本会議を再開し、一般質問や議案の質疑などを行いました。


 この日質問に立ったのは、桑野和夫議員と石井由紀子議員の2人です。

 桑野議員は、7月豪雨で浸水被害を受けた、金光町占見新田や大谷地区、須恵地区等の災害対策について質問しました。

 執行部は、「浸水対策には里見川の水位を下げることが最優先課題。そのためには里見川がつながる倉敷市玉島地区にある昭和水門の排水施設の改良が重要となってくる。すでに県知事や備中県民局長に強く要望している」と答えました。

 石井議員は、「市営バス浅口ふれあい号」について質問しました。

 執行部は、「来年1月からは運行日数を週2日から週3日に拡充する。また運行から8年目を迎え、『現状と課題の分析』、『今後の公共交通網を検討する材料』とするため、市民の声を聞くアンケートを実施する。対象者は16歳から89歳の市民のうち3,000人を無作為に抽出し12月上旬にアンケートを発送し12月下旬を締め切りとしている」と答えました。

 一般質問に続いて、執行部が上程した一般会計補正予算案などの質疑を行い、各委員会に付託しました。

 また、市民に開かれた議会を目指し、これまで非公開としていた全員協議会を原則公開とするため、市議会基本条例を一部改正する議員発議を原案の通り可決しました。

 浅口市議会12月定例会は、13日に本会議を再開し、委員長報告や議案の討論採決などを行います。

               石井元祐



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
放課後ナンバー1!!
いつかはスターズ
ぐるぐる中四国
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ