趣向凝らした催しで長寿を祝う  向月地区 敬老会(鴨方町六条院西) 

2018/10/10 水曜日 動画


動画を拡大して見る
 鴨方町六条院西の向月地区で8日、敬老会が開かれ、様々な催しでお年寄りの長寿を祝いました。


 向月公会堂で開かれた敬老会には、地区に住む75歳以上の敬老会対象者82人のうち、40人が出席しました。

 まず、向月地区の大西洋吉副会長が「いつまでも壮健で、今後も末永くご指導宜しくお願いします」と挨拶しました。

 続いて、アトラクションが行われ、あさくちスポーツクラブ遊ぶところ『和太鼓教室「桃花」』の中高生らが演奏を披露した他、参加者が和太鼓に挑戦する場面もあり、会場に軽快な太鼓の音を響かせていました。

 このあとも、来賓で訪れた栗山市長と渡辺県議がカラオケを披露した他、地域おこし協力隊として活躍している沖村舞子さんが南京玉すだれを行いました。

 沖村さんは、小型のすだれを手に持ち、唄や手拍子に合わせて浅口市にちなんだ「天文台」や「清水白桃」などに変化させ、会場を大いに盛り上げていました。

 向月地区では毎年、残暑厳しい9月の敬老の日から1カ月ほど遅らせて敬老会を開いています。

 参加者は「(敬老会について)大変嬉しく思っている。ありがたいこと。
(健康の秘訣)朝起きて体操して身体をほぐして動くことが健康の賜物」
「今日はとても天気も良く、心づくしの食べ物も朝早くから準備してくれ、イベントの太鼓にも感動した。玉すだれも見事で最高です」
「(今後の目標)とにかくいつまでもしっかり歩けるということを目標にしたい」
「食べ物に気を付けて近所の人と仲良く、いつまでも元気でいたい」と話していました。

 この日の敬老会には、今月2日の自民党役員人事で党四役となる総務会長に就任した加藤勝信さんも訪れ、長年地域を支えきた参加者の長寿を祝っていました。

               石井元祐



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ