ハロウィーンパーティー  里庄町国際交流協会・教育委員会

2018/10/10 水曜日 動画


動画を拡大して見る
 里庄町で8日、ハロウィーンパーティーが開かれ、仮装した子どもたちが交流しました。


 ハロウィーンパーティーは里庄総合文化ホールなどで開かれ、町内外の子どもや親子連れ、およそ300人が参加しました。

 開会行事では、里庄町国際交流協会の平野泰敏会長が「ハロウィーンはヨーロッパ発祥の秋の収穫祭で、日本では仮装を楽しむイベントとして知られています。様々なコーナーを用意しているのでみなさんで楽しみましょう」と挨拶しました。

 会場には、お菓子がもらえる「トリックコーナー」、カボチャの重さ当てクイズや写真撮影などができる「お楽しみコーナー」など4つのコーナーが設置され、参加者が自由に巡って楽しみました。

 このうち「トリックコーナー」は、電動中ホールに設置された巨大迷路の中にある扉を探してお菓子を集める、イベントのメインコーナーです。
 子どもたちは扉を見つけるとノックをして「トリックオアトリート」と合い言葉を言い、中高生ボランティアからお菓子をもらっていました。

 また「お楽しみコーナー」では、インスタグラムなどのSNS用のフォトスポットが用意され、メイクや仮装をした子どもたちの人気を集めていました。

 参加者は「カボチャとゴーストのメイクをしてもらいました。楽しいです」などと話していました。

 このイベントは、外国の文化に触れることで国際交流への関心を深めてもらおうと、里庄町国際交流協会と里庄町が開催しているもので今回で4回目です。

 里庄町国際交流協会 平野泰敏会長は「次世代を担う子ども達に国際感覚を身に付けてもらいたい。これからもクリスマスパーティーや世界の料理イベントなどを外国人を招きながら開催し、新しい企画も考えていきたい」と話していました。
 
 今回のイベントでは仮装コンテストも初めて行われ、里庄西小学校4年の佐藤結衣さん、1年の山内そうやくん、6年の濱田唯翔くんが仮装大賞に選ばれました。

 3人「トリックオアトリート」

浅田怜



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ