マコモタケ収穫体験  里庄中学校2年生

2018/10/10 水曜日 動画


動画を拡大して見る
 里庄町の特産品マコモタケが収穫時期を迎え10日、里庄中学校の生徒が収穫を体験しました。


 マコモタケの収穫体験は、町道沿いにある「まこもたけ圃場」で行われ、里庄中学校の2年生およそ90人が参加しました。

 収穫では、生徒の活動をサポートしているマコモ同好会の会員から収穫の注意点などを聞き、生徒が鎌を片手に水田に入りました。

 生徒は、慣れない鎌の扱いに苦労した様子でしたが、マコモ同好会の会員からアドバイスを受けながら、大きく育ったマコモタケを選んで丁寧に刈り取っていました。

 中華料理の高級食材として知られるマコモタケは、イネ科の植物「マコモ」の茎の部分が黒穂菌によって大きく成長したもので、シャキシャキとした歯ごたえとほのかな甘みが特徴です。

 里庄中学校では、毎年2年生が技術・家庭科の授業でマコモタケの学習を実施しており、田植えから出荷作業まで1年間を通して体験しています。

 この日は、マコモタケのPRを行う、お笑い芸人、江西あきよしさんも参加し、生徒たちと交流しながら収穫に汗を流していました。

 この日は、軽トラック2台分のマコモタケが収獲され、JA岡山西里庄直売所「里ちゃん」で販売される予定です。

 なお、17日には、マコモタケの袋詰めなどを行なう出荷作業を体験します。

                畑地真行



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ