秋季避難訓練    池の平団地(鴨方町六条院西)

2018/10/09 火曜日 動画


動画を拡大して見る

 浅口市鴨方町の六条院西にある池の平団地で7日、地震や土砂災害に備えた避難訓練が行われました。


 秋季避難訓練は午前9時半から行われ、地区民が自宅からの避難経路を確認しながら、避難所となる池の平団地公民館に集まり、会場で安否確認をしました。

 このあと公民館で講習が行われ、浅口市総務課の前川満重さんが、「私たちにできる災害への備え」と題して、7月豪雨で発令された「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示」の3つの避難情報について説明し、「避難勧告や避難指示が発令されたから避難するのではなく、土砂崩れや川の氾濫のおそれがある場合など、状況に応じて早めに避難をしてください」と呼びかけました。

 また、非常用持出袋の中身について、懐中電灯などの照明器具は袋の中に入れているだけでなく、使い方や電池の有無を確認しておくことや、薬を服用している人は「おくすり手帳」のコピーを入れておくことなど、災害に備えてあらかじめ準備しておくことを説明しました。

 このあと鴨方消防署の浅野善弘副署長と樋上靖晃さんを講師に、人体模型を使った心肺蘇生法の講習が行われました。

 参加者は、倒れている人を発見したときは額に手をあてて自分から遠いほうの肩を叩くことや、心肺蘇生を行う場合は心臓マッサージ30回、人工呼吸2回を繰り返すことを教わり、交代しながら一連の動きを体験しました。

 また、AEDを使った訓練も行われ、音声の指示に従い順序を守って使用することなどと説明を受け、AEDを安全に使うために注意することを学んでいました。

 参加者は
「救急救命講習は会社でもやっているんですけど、何回やっても覚えていないところが多いので為になりました」と話していました。

 池の平団地自主防災組織 虫明幸夫会長は
「非常に勉強になる講習だったと思います。これを機に習ったことを一つでも実行できるように皆さんと頑張っていきたい」 と話していました。

 池の平団地自治会では、地域の防災力向上を目指して自主防災組織を立ち上げ、毎年春に防火訓練、秋に避難訓練を行っています。

                田中祐次



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ