みどりケ丘夏休み思いでづくり      みどりケ丘地区社会福祉協議会

2018/08/10 金曜日 動画


動画を拡大して見る
 鴨方町のみどりケ丘地区で8日、地区民同士親睦を深めてもらおうと、「夏休み思いでづくり」が開かれました。


 みどりケ丘コミュニティセンターで開かれた「夏休み思いでづくり」には地区内の小学生からお年寄りまで、およそ70人が参加しました。

 会では初めに有志による出し物が行なわれ、会場を盛り上げました。

 このうち六条院中の細井喜美恵さんによるバルーンアートは人気で、子供達が犬作りに挑戦していました。

 また、会場には射的コーナーやダーツ、卓球などの交流スペースも設けられ、地区民同士が親睦を深めていました。

 この「夏休み思いでづくり」は地区内に住む子ども達に、友達やお年寄りとの交流を通じて、ふるさとの思いでを作ってもらおうと、みどりケ丘地区社会福祉協議会が毎年開いているものです。

 参加者は「ダーツのゲームで真ん中に当てられて嬉しかったです」「今日いろいろなゲームがあってとても楽しかったです」「いろいろなゲームがあって楽しかったし、特に射的が一番楽しかったです」「射的が出来たこととみんなと一緒にごはんが食べれられて楽しかった」と話していました。

 このほか会場には、夏の屋台で定番のかき氷や綿菓子などがならんだほか、昼食にはカレーライスが振る舞われ、子ども達が夏の楽しい思い出を作っていました。

               田村元基



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ