義援金を寄託  鴨方高校 生徒会

2018/08/09 木曜日 動画


動画を拡大して見る
 また6日には、鴨方高校の生徒会が、西日本豪雨災害の被災地の復興支援に役立ててもらおうと、募金活動で集めた義援金を浅口市に寄託しました。


 義援金の寄託式は、浅口市役所市長室で行われました。

 式には、鴨方高校生徒会役員で3年の増成菜々美副会長と濱中海斗さん、坪井洸樹さんらが出席し、栗山市長に義援金を手渡しました。

 この義援金は、生徒会が中心となり校内と浅口市内の量販店で募金活動を行って集めた12万5,222円です。

 寄託された義援金は、日本赤十字社岡山県支部へ送金し被災地へ送られます。

 鴨方高校生徒会の増成菜々美副会長は「少しでも役に立てるようにまず自分たちの出来ることからしようとなって募金活動をした。思っていたよりも多くの人が募金してくれて凄く温かいと感じた。少しでも早く復興出来るように困っている人たちに役立ててほしい」と話していました。

 またこの日は、自治体の労働者で組織する日本自治体労働組合総連合 岡山県本部の鷲尾裕執行委員長らも浅口市を訪れ、見舞金として10万円を栗山市長に贈りました。

 自治労連岡山県本部では、浅口市をはじめ、笠岡市や里庄町など県内12市町へ見舞金を贈っています。

               石井元祐



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ