笠岡市社会福祉協議会に寄付  歌仲間どんぐり会

2018/07/12 木曜日 動画


動画を拡大して見る
 井笠地域のカラオケ愛好家グループ「歌仲間どんぐり会」が11日、笠岡市社会福祉協議会に寄付金を贈りました。


 寄付金贈呈式は、サンライフ笠岡で行われ、歌仲間どんぐり会の会員3人が出席しました。

 式では、どんぐり会「うたの集い」実行委員会の坂川俊夫実行委員長が「福祉向上のため有効に利用してください」と挨拶し、笠岡市社会福祉協議会の二階堂司会長に、寄付金の目録を手渡しました。

 寄付金は、先月24日に笠岡市保健センターで開かれた、どんぐり会主催のチャリティーカラオケ発表会で集まった5万4,093円です。

 歌仲間どんぐり会は、「歌を通して1人1人の輪を広げ、心の絆を深めよう」をモットーに平成21年に発足し、14人の会員が笠岡市や井原市で月に2回楽しみながら練習し、毎年発表会を開いて練習の成果を発表しています。

 東日本大震災の発生後は、チャリティーイベントとして発表会を開き、参加者や来場者から集まった募金を笠岡市社会福祉協議会へ寄付しています。

 歌仲間どんぐり会 吉本務会長は「参加していただいた方の浄財ですから福祉のために使っていただければ何も言うことはありません。ありがたかったのは我々主催者としての気持を参加者が理解していただいてできたものだと思っています。10年間本当に楽しいことができて、そして皆さんに喜んでいただけたかなという思いで幸せでいっぱいです」と話していました

 寄付を受けた二階堂会長は「福祉に関心を持って寄付をして頂いて非常にありがたく思います」とお礼を述べました。

 この日の寄付金は、笠岡市社会福祉協議会を通じて市内の社会福祉に役立てられます。

               田中祐次



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ