高校野球岡山県大会にむけて  笠岡商業高校

2018/07/11 水曜日 動画


動画を拡大して見る
 続いては特集です。甲子園を目指すエリアの野球部を紹介します。今回は笠岡商業高校野球部です。


 明治42年に創部され、100年を越える歴史を持つ岡山県立笠岡商業高校野球部。

 今年は1年生7人、2年生8人、3年生14人にマネージャーが加わり、33人で一丸となって甲子園を目指しています。

 チームを支えるのは、3年生の斎藤弘良主将。(大島中出身)

 去年の夏の大会では、怪我で試合に出ることが出来きなかったため、三年生にして初の挑戦となります。

 そしてもう一人、チームを影で支えるのは同じく3年生の枝木良介君。(大島中出身)

 去年はエースで4番でしたが、腰の怪我で今年は試合に出ることは出来ないため、チームのサポートに全力を尽くしています。

 主将の斎藤君と枝木君は小学生時代から共に野球をしてきた幼馴染み。

お互いに熱い想いがあるといいます。

 そして守りの要となるのは2年生投手の瀧眞之介選手。(芳井中出身)

ストレートやスプリットをはじめとする5つの持ち玉と、コントロールを武器に打たせて取るピッチングで相手打線に立ち向かいます。

 豪雨が過ぎて久しぶりの練習となった10日。
グラウンドの黒土は雨で全て流されてしまいコンディションは最悪です。

 練習をするために強い日差しの中、部員たちがグラウンド整備に汗を流していました。

 斎藤主将の「野球が出来ることへの感謝を忘れないで」という言葉を胸に、夏の県大会へ臨みます。

                 浅田怜



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ