坊ちゃんかぼちゃの収穫始まる  

2018/07/11 水曜日 動画


動画を拡大して見る
 鴨方町在住の喜登良直人さんの畑では、坊ちゃんかぼちゃの収穫が始まっています。


 里庄町里見にある喜登良直人さんのおよそ5アールの畑では、4月20日頃に苗を植えた坊ちゃんかぼちゃが収穫期を迎えています。

 今年最初の収穫日となった10日には、喜登良さんが、およそ250個の坊ちゃんかぼちゃを収穫しました。

 坊ちゃんかぼちゃは、重さが600gほどのかぼちゃで、糖度が18度から19度と高いことや食べきりサイズであることなどから、人気を集めています。

 収穫した坊ちゃんかぼちゃは、この後糖度を上げるため1週間ほど寝かせるキュアリングなどの工程を経て、県内や大阪の市場に出荷されます。

 6年前から坊ちゃんかぼちゃの栽培に取り組んでいる喜登良さん。

 葉が枯れると実に直接日光があたり、茶色に変色してしまうことから、病害虫対策や水の管理、追肥などに気を配っているそうです。

 そうした努力もあって喜登良さんが栽培した坊ちゃんかぼちゃは、深い緑色に白い縞模様が美しいものになっています。

喜登良直人さんは「今月の中旬から出荷が始まり9月半ばまで続きます。3000個の出荷を見込んでいる。甘いものができました」と話していました。

 喜登良さんの坊ちゃんかぼちゃは、JA岡山西鴨方直売所ふれあい朝市なごみで7月16日から、JA岡山西里庄直売所里ちゃんで17日から販売されるということです。

     河部隆行



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス
ゆめナビ
今日からシンデレラ
Car情報最前線
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ