小学生ソフトボール金光大会  浅口市体育協会

2018/06/14 木曜日 動画


動画を拡大して見る
 浅口市体育協会主催の小学生ソフトボール大会が10日、天草公園野球場で開かれました。


 第36回小学生ソフトボール金光大会には、浅口市をはじめ、岡山市や倉敷市、福山市など、近隣から20チームが出場しました。

 開会式では浅口市体育協会の吉田保雄副会長が「日頃の練習の成果を発揮して、失敗を恐れずプレーしてください」と挨拶しました。

 続いて浅口K’sスポーツ少年団の河本蘭主将が選手宣誓し、試合が始まりました。

 大会は20チームが4ブロックに分かれて変則リーグ予選を行なったあと、各ブロック上位1チームが決勝トーナメントに進み、優勝を争いました。

 このうち前年度優勝の鴨方ソフトボールスポーツ少年団は福山市の御幸連合ソフトボールと対戦しました。

 鴨方は初回、御幸ソフトにタイムリーヒットを打たれ、先制点を奪われます。

 しかしその裏、鴨方は先頭打者がホームランを放ち、1対1の同点に追いつきます。

 その後、3回裏と4回裏に1点づつ加えた鴨方は、2回以降相手打線を抑え3対1で勝利しました。

 小学生ソフトボール金光大会は、近隣チーム同士の交流を深めるとともに、競技力の向上を図ろうと、浅口市体育協会が毎年この時期に開いているものです。

 なお、エリアからは9チームが出場し熱戦を繰り広げましたが、残念ながら決勝トーナメントに進出することは出来ませんでした。

 大会の結果はご覧のとおりです。

大会結果
優勝 岡山中央スポーツ少年団(岡山市)
準優勝 大元スポーツ少年団ソフトボール部(岡山市)
3位 倉敷フレンドクラブ(倉敷市)
3位 吉永ソフトボールスポーツ少年団(備前市)

                田村元基



ピックアップ番組案内
笠岡市議会6月定例会
笠岡市議会6月定例会
火災予防啓発番組「厨房に潜む危険を知る」
遠野昔ばなし祭り【前編】
遠野昔ばなし祭り【後編】
神明祭
第20回全国地ビールフェスティバルin一関
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ