村田選手初防衛戦パブリックビューイング 村田諒太を応援する会

2018/04/17 火曜日 動画


動画を拡大して見る
 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手の初防衛戦を応援するパブリックビューイングが15日の夜、笠岡市で行われました。


 パブリックビューイングは、笠岡市大島の『海の見える家』で行われ、村田選手の親族や市民など、およそ100人が参加しました。

 このパブリックビューイングは、村田選手の祖父母が笠岡市大島在住で、幼少のころから大島に訪れ、今でもタイトル獲得後に凱旋するなど、縁の地であることから地元有志による応援する会が主催したものです。

 

 会場には、昨年10月にチャンピオンになった際も振舞われた縁起物の『チャンピオンおでん』や『チャンピオンおにぎり』が並んだ他、大島いきいきサロンの参加者が作った千羽鶴なども飾られ、応援ムードを盛り上げました。

 ゴングが鳴り、エマヌエーレ・ブランダムラ選手との試合が始まると、村田選手の攻撃ごとに歓声があがりました。

 また村田選手の祖母、高本悠子さんは孫の試合を祈るように観戦していました。

 試合は8R2分40秒すぎ、村田選手が、右ストレートでブランダムラ選手からダウンを奪うと、レフリーが試合を止め、TKO勝利しました。

 試合終了を告げるゴングがなった瞬間、会場では大歓声が上がり、村田選手の初防衛を祝福しました。
 高本悠子さん(祖母)は、
「諒太が勝ったのは足を運んでくださった皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。申し上げる言葉がありません。ありがとうございます。それだけが私の心です。」と喜びの声を伝えてくれました。

 大島会長は、
「大変多くの人が応援してくださって非常にありがたく思っています。こういった力が皆さんの街づくりに対する思いということで、今後さらに結集しながら応援していきたいと思っています。」と話していました。

 地元有志による応援する会では、2回目の防衛戦でも、パブリックビューイングを行う予定です。
小笠原 修



ピックアップ番組案内
あっちこっち岡山
ハッピーチューズデイプラス(再)
私のまちの元気印
春・夏・秋・冬 釣りしませんか?
Car情報最前線!(再)
★再放送★
★再放送★
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ