不審者侵入を想定し避難訓練  里庄西小学校(全校352人)

2018/01/13 土曜日 動画


動画を拡大して見る
 里庄西小学校で11日、不審者の侵入を想定した避難訓練が行われました。


 訓練は、多くの児童が運動場で遊ぶ業間休みに、灯油の入ったペットボトルやライターを持った不審者が里庄西小学校の南門から侵入し、児童に近づこうとしているという想定で行われました。

 不審者を発見した教諭は他の教諭らと連携し、いち早く児童を不審者から遠ざけて教室に避難させ、興奮する不審者を説得しながら警察が到着するまで時間を稼ぎました。

 里庄西小学校では、教職員の緊急時の対応を再確認するとともに、児童にも防犯意識を高めてもらおうと定期的に不審者対応の避難訓練を行っています。

 訓練の最後には、通報を受けて駆けつけた警察官に不審者を引き渡し訓練を終了しました。
 
 また、この日は、不審者役を務めた玉島警察署スクールサポーターの坂本福子さんが講師を務め、児童がクイズ形式のDVDを見て不審者への対応策を学ぶ防犯教室も開かれました。

 防犯教室では、「周りからから見えにくい、あぶない場所には1人で近づかないこと」や「家に1人でいる時、知らない人から電話がかかってきたら大人がいないことを言わないこと」など、注意するポイントが紹介され、児童は熱心に見入っていました。

 6年生は「1人で留守番をすることもあるので電話の対応などを気をつけたい」「いつも帰宅する時には1人になることもあるので、この勉強を活かして気をつけたい」と話していました。

               石井元祐



ピックアップ番組案内
第59回笠岡市児童生徒音楽発表会・笠岡みたけ少年少女合唱団定期演奏会(再)
ハッピーチューズデイプラス
あっちこっち岡山
アクションメイト
週末情報バラエティみるみる!
寄島小学校 学芸会
コールあまくさ40周年記念演奏会
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ