CMで伝える地域自慢コンテスト    笠岡市教育委員会

2017/11/14 火曜日 動画


動画を拡大して見る
6月に笠岡市内の小中学生で結成した「CM制作チーム」が、各地域を紹介するCMをこのたび完成させ、11日に初披露しました。


 CMで伝える地域自慢コンテストは、笠岡市保健センターのギャラクシーホールで開かれ、市内の小中学生や市民など、およそ100人が観覧に訪れました。

 この日は、笠岡市内の小学校5校と中学校3校の合わせて9チームがステージに立ち、それぞれの地域を紹介するCMを発表しました。

 審査には、「CM制作チーム」の指導も行った、元TBSアナウンサーでジャーナリストの下村健一さんら、3人があたりました。


 CMは、島ならではの夕焼けの浜辺や山頂からの眺めの良い景色を映像で見せたり、地域住民へのインタビューを使ったりして、地域の魅力を若い感性を活かし表現したものに仕上がっていました。

 コンテストに出場したCM制作チームは、今年6月から研修会や各地域での取材活動、編集作業にあたり、地域の魅力が詰まったCMの制作に取り組んできたということです。

 このコンテストは、笠岡市内の小中学生に、郷土を大切にする心を養ってもらうとともに、情報活用能力を身に付けてもらおうと、笠岡市教育委員会が去年から開いています。

 審査の結果、各チームに表彰状と楯が送られました。

■小学校の部
中央小  古代の地球が体験できたで賞
六島小  六島の魅力に飛び込めたで賞
吉田小  ワクワクものしりになれたで賞
白石小  白石ツアーが味わえたで賞
笠岡小  江戸の笠岡にタイムトラベルできたで賞

■中学校の部
金浦中  おしぐらんごがわかったで賞
大島中A 宝さがしに❤があったで賞
北木中  みんなでBGMを切り出したで賞
大島中B あの階段上りたくなったで賞 
 
 最後に、審査員長を務めた下村さんが、「ただCMづくりの練習をしただけでなく、本当に情報を仕入れるときにはどうするか、出すときにはどうするか。この経験を忘れずに、情報社会に振り回されない、フェイクに動じない大人になって下さい」と総括し、コンテストを締めくくりました。

 なお、この日発表された作品は、笠岡市学校教育課のウェブサイトにも掲載する予定です。

                畑地真行



ピックアップ番組案内
秋祭り特集2017(再)・浅口市民体育祭鴨方大会(再)
ハッピーチューズデイプラス
ぐるぐる中四国
千里のRAINBOW放送室
週末情報バラエティみるみる!
月を楽しむ会
金浦中学校吹奏学部オータムコンサート2017
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ