大空と大地のカーニバル モータースポーツの祭典

2017/11/14 火曜日 動画


動画を拡大して見る
 広大な笠岡湾干拓地を舞台に繰り広げられるモータースポーツの祭典、大空と大地のカーニバルが12日、笠岡市で開催されました。


 大空と大地のカーニバルの会場となった笠岡ふれあい空港には、航空ショーやドリフト走行などを間近で見ようと朝から大勢の家族連れが訪れました。

 上空ではラジコンヘリのフライトショーやレッドブルエアレースで年間総合優勝に輝いた室屋義秀選手によるアクロバット飛行が次々と行われ、来場者を魅了しました。

 また滑走路では、フェラーリやドリフトカーの迫力あるデモ走行があり、イベントを盛り上げていました。

 ショーのあと、今年5月に室屋さんから福島県のヒマワリの種を受け取り、育ててきた大島中学校と六島小学校、神島協議会が、栽培して収穫したヒマワリの種を室屋さんに手渡しました。

 大島中学校3年 塚原新さんは「室屋さんから預かった種なので無事に渡せてほっとしました。これからも福島県のヒマワリの種を笠岡で育てて福島県に送る活動を続けていきたいです」と話していました。

 続いてトークショーも行われ、室屋さんがレースに懸ける熱い思いや来シーズンへの意気込みを語りました。

 室屋義秀選手生声は「無名だったころからイベントに呼んでもらっていて、一緒に成長をしてきたという実感がある。これからも応援よろしくおねがいします」と話していました。

 来場者は「室屋選手が格好良かったです。飛行機が不思議な飛び方をしていてすごかった」などと話していました。
    
この日は主催者発表で延べ2万5千人が訪れたということです。

浅田怜



ピックアップ番組案内
秋祭り特集2017(再)・浅口市民体育祭鴨方大会(再)
ハッピーチューズデイプラス
ぐるぐる中四国
千里のRAINBOW放送室
週末情報バラエティみるみる!
月を楽しむ会
金浦中学校吹奏学部オータムコンサート2017
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ