苔玉をつくろう         金光公民館 春の短期講座

2017/03/18 土曜日 動画


動画を拡大して見る
 金光公民館の春の短期講座が14日に開かれ、お洒落なインテリアとしても人気のある「苔玉」作りが行われました。


 「春の苔玉をつくろう」と題して行われた短期講座には、予定していた20人を大きく上回る市内在住在勤の30人が参加しました。

 講師は、倉敷市を拠点に活動する日本ナチュラルアート協会の田中靖子会長が務め、参加者が初めての苔玉作りに挑戦しました。

 苔玉作りではまず、粘りのあるケト土と乾燥した水苔などに水を加えながら、耳たぶほどの柔らかさになるまでこねたあと、おはぎ位の大きさに整えました。

 続いて、サニーフォスターと初雪カズラをポットから取り出しバランスよく並べ、先ほど作った土で包みました。

 このあと、苔で周囲を覆い、透明なテグスを使ってらせん状に固定し、作業開始からおよそ1時間後に苔玉を完成させました。

 参加者は、講師の田中さんから「この時期は5日に1回2分程度、水につけて管理する」ことなど、水やりの方法や長持ちさせるコツなどを教えてもらい、初めて作った苔玉を大切にそれぞれの家に持ち帰っていました。

 参加者は「久しぶりに童心に帰って土いじりが出来て楽しかった」「金光公民館は様々な講座を開催しているので今までも色々参加している。今日は思ったより良いものが出来てとても満足しています。玄関に飾りたい」「子育て等も終わり、こうした新しい趣味を持って老後の楽しみにして切磋琢磨していきたい」などと話していました。
 
 金光公民館では、毎年8回程度季節に合わせた短期講座を開講しており、4月6日には桜を楽しむウォーキングを企画しています。

                石井元祐



ピックアップ番組案内
笠岡市議会3月定例会
笠岡市議会3月定例会
笠岡市議会3月定例会
笠岡市議会3月定例会
天草ふれあい音楽会
里庄東小学校学芸会
笠岡市議会3月定例会
  • 取材日記 公式ブログ
  • 取材日記 公式ブログ
  • よくある質問
  • 街ログ
  • 街ログ